忍者ブログ
プライドを持たず、節操を持たず、愛着を持たず、弱音を吐かず
式姫の庭の周回をしながら同時進行でやったのでメモ程度にぐだぐだと書き連ねておく
11/06:コメントいただいたので一部追記




かわいい。

人形遣いになった主人公の女の子が人形と一緒に旅をするゲーム。主人公に戦闘能力はなく、人形が戦う。全員戦闘不能になったら負け。集団戦のポケモンみたいな感じ。
特に何をしろとは言われず、なんとなく旅をしてなんとなくエンディングにたどり着くゲーム。だいたい10時間ぐらいでエンディング。
理不尽な敗戦や序盤の数の暴力で心が折れる人には向かない。レベルを上げてどうにかしようってタイプの人にも向かない(お金を貯めて装備でどうにかはできる)。

良かったところ

・装備の付け替えで人形を強化していく装備システム。ジェムを買い換えるとSP(他ゲーで言うHP)が増えるが、強力な装備をつけようとすると負荷がかかってSPが減る。どちらを優先するか考えるのは面白いかもしれない。
・人形がついて歩いてくるのかわいい
・敵もかわいい
・負けても自宅に戻されるだけで他にペナルティはないので、強敵に挑みやすい
・理不尽な敗戦はあるが、負けても略
・ライブラリをコンプしたい人のための攻略ページが作者サイトにある

困ったところ

・世界観を理解するうえで重要な某マップが妙に広く、NPCが散らばっていて話を聞くだけで大変
・そのNPCもチョロチョロ動き回るため話しかけづらい

個人的に不満だったところ

・なんだかよくわからん敵の行動がある(なんとなく防御的な行動だろう、とか程度にはわかる)
個性的な人形が何体も仲間になると思いきや、ステータスそのものはまったく同じっぽい(内部的に差があるのかは知らない)追記:初期の1体だけステータスの上昇率が違うらしいです
・人形の数少ない個性であるディレイも魔法も使いづらい
・いろいろ装備があるけどぶっちゃけ使わないやつの方が多い

特にディレイが使いづらいってのが悲しい。
1ターン行動不能になるかわりに次のターンは2回行動になり、ディレイ発動中は人形ごとに違う効果が発動。狙われ率上昇、とかMPがたまりやすくなる、とかあるのだけど、戦闘中の回復の手段がしょぼいのでヘイト管理系は使いづらいし、ステータス一時強化系も、ぶっちゃけ普通に2回行動した方がいいのでは……となる。MPを溜めて大技を放つ、ぐらいしか使わなかったし、大技使うぐらいなら普通に行動した方がダメージ稼げるし……ぼくのプレイスタイルが、しっかり時間をかけて装備を整えてから突撃、を基本としているので、あれこれ頭を使わなくても勝てる、というのもあると思うけど。

追記に個人的な攻略の重要ポイントを書いておこうかと思う。がっつりネタバレあり。

まず重要なこと。
最初のうちは雑魚戦で稼げるお金はしょぼいので、無駄な戦闘も探索もせず、次の街を探して突っ走ったほうがいい。エンディング後のおまけダンジョンを除いて見落とすと詰むアイテムはないし、戦闘によるレベルアップができないのでそこらへんをうろうろしていても強くはなれない。次の街で装備を整えたり、他の人形を見つけてPT人数を増やしてから戻ってきて探索したほうが楽。
敵が強すぎて勝てないと思ったら、マップの見落としを疑ってみるといい。別の方向に道があるかもしれない。

手っ取り早く戦力を増やしたいなら、「農村ムートン」から西に出て、「ムートン街道」を南下して「ルグレの沼地」を抜け「黒城」の2Fテラスにたどり着くことができれば、無条件で1体人形を増やせる。初期装備のままではきついので、一旦「ムートン街道」を北に進んで「古都アルエット」でジェムだけでも買い換えておきたい。(あと黒城2Fのひび割れた壁はぶち破れるので見落とさないように。ぼくは見事に見落として金欠に苦しんだ

2人PTになれば序盤のお尋ね者は楽に倒せるので、一通り倒しきったら橋を渡る。その先の「湊町フォック」と「フォックの岬」の灯台でそれぞれ1体ずつ人形を手に入れられる。町ではお金が、灯台では糸くずが必要になるけれど、探索を端折ってきた場合は糸くずは足りないはずなのでお金で買う方の人形が先になることが多そう。「ムートン街道」で糸くずの買い取りクエストがあるけれど、これは人形を手に入れてからクリアするように。

装備面では、まず最初は「かちどきの槍」を出発地点の街で買う。世界のあちこちに仮面を被った求道者がいて、指定された武器を渡すと別の武器をくれる。最初は「かちどきの槍」を「ミドルボウ」に変えてくれて、その「ミドルボウ」を次の求道者に渡すと「トライデント」に、更に別の求道者が「トライデント」を別の武器に…と、順番どおりに回ることができればだんだんグレードアップできる。装備の更新費用がかなりかさむので、1キャラ分の武器をグレードアップしていけるだけでも楽になる。ただ、武器をグレードアップしていくとその分負荷がかかってSPが減るので、ジェムの買い替えを忘れずに。
ゲーム同梱のテキストに、『本作のお金稼ぎは、基本的にクエスト達成とお尋ね者撃破にかかっています。(逆に言えば、野良人形戦を繰り返すのはほとんど意味がありません)』とあるけれど、人形が3体いれば(2体でもなんとかなるかも?)出発地点の街から西に向かったところにある「オワリの洞穴」で野良人形戦をすればたくさんお金が手に入る。ここは敵が防御系の行動をよくしてくる(効果よくわかんないけど)ので、1戦ごとの時間はかかるけれど、その分攻撃がぬるく、連戦もしやすい。しかも1戦ごとの入手金額がかなり多い。そのまま道なりに進んでいった先の「ほむらびの地」では店売り最強装備を購入可能にするためのクエストを受注可能で、そのクエストさえクリアできれば、オワリの洞穴でお金を貯めて店売りの最強装備で全身固める、なんてことも可能。クエストも、各地の行商人のテントを順番どおりに回るだけなので、そこまで大変ではないし。最後の「白の丘」は敵が強いけれど、「白の丘」の行商テントは入り口近くなので、無駄に戦闘せずに突っ切れば運が悪くない限りたどり着けるはず。全身固めなくても各地のお尋ね者(簡単に言うと賞金首)は倒せるけれど、ジェムだけでも買っておくととても楽になる(「白の丘」に最強のジェムが落ちているので、ある程度装備を整えたらそれを探しに行くとよい)。もちろん金額も最強だけれど。
倒せるお尋ね者を全て倒して、倒せないやつがいるようならオワリの洞穴でお金を稼いで装備更新、とするのがよさそう。

「古都アルエット」の施設「ぎんのはり」が使えるようになれば、お金で人形をレベルアップできるようになるけれど、前半で手に入る4体が全員レベル1からのスタートなのに対して、後半3体&エンディング後入手の1体はレベルがある程度上がった状態からのスタート。なので、ディレイや固有魔法に頼らないなら、レベルは上げずに進めて、強い人形が手に入ったら乗り換えてしまった方がお金を節約できる。たぶんステータスは全員一緒。アンティカのみ最終的に強くなる。ただし、「ぎんのはり」右側の部屋ではジェムを強化できるので、「ぎんのはり」が重要施設なのは間違いない。防具の買い替えよりもジェムの強化をした方が楽になることもある。と、思う。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>ステータスそのものはまったく同じっぽい
実際、同レベルではアンティカ以外同じステータスになります。
ちなみに、アンティカには霊格と推進力が他の人形より高くなる特長があります。
Posted by NONAME 2017.11.06 Mon 00:55 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。
前半で手に入る4体をレベル1のまま全員全裸にして比べたときに全員同ステだったので早合点しました。
最後まで使った4体もレベルMAXにしてから改めて比べたのですが、アンティカは早々にPTからはずしたのでまったく気がついていませんでした……
2017.11.06 Mon 20:54
忍者ブログ [PR]