忍者ブログ
プライドを持たず、節操を持たず、愛着を持たず、弱音を吐かず
各地の宝箱とボス敵をまず全員狩る。
雑魚MINAGOROSHIは飽きたので弱シンボルは放置してざくざく狩っていく。
ひたすら作業。

さてラストダンジョン



……アザラシ?
と思ったら鶏でした



ある程度倒してから撮ったんだけど、最初はうじゃうじゃと気持ち悪いぐらいいた。石化耐性さえつけとけば問題ないのでMINAGOROSHIにしておいしくいただきました
石化耐性装備が足りない(と思い込んでいた)ので一度帰って残っているノイズを追加で狩ってきた。面倒だったのでウンディーネとサキュバスのみ放置。彼らのドロップはあまり必要なさそうだったので。



おまw

特に問題なく第二層へ

第二層はなんかビームトラップ的なアレ、ビームの色を見ながら通らないとダメージを受ける。でもレベルが高いのもあって致死ダメージにはならないのでわりと適当に進める。でも面倒なのでMINAGOROSHIはなし。

第三層はなんかもうきれそうなマップ
シルルのコンパス前提と思われる。マーカー1個しかなくても隠し通路は2つあるかもしれないよ!みたいなメッセージがある。
ぐるぐる回りまくってぶちきれそうになりながら宝箱回収してさっさと次へ

第四層は図書館みたいなところ




敵がかわいかった。
何層だか忘れたけど、メルヘンロリータが手に入ったのでアリスに着せている。戦闘開始時にメルヘン付与なので雑魚をさらにざくざく倒せる。ただしアリスが混乱すると壊滅しかねないので混乱耐性は必須。
神鳥の羽が全状態異常耐性だけれど、装飾はコンパスとレフトハンドで埋まっているので魔書でつけないといけない。
ここの敵は宝石をぼろぼろ落としてくれるのでおいしい。

第五層は町みたいな場所、もうほぼ先制で落とせるので非常に楽、メルヘン付与装備がもう1個手に入ったのでジャンヌにも装備させてアリスとジャンヌのダブルゴリラでがんがん進む
グリムたんもゴリラプレイで2ターンで落ちる
そのままの勢いで第六層もゴリラプレイ



ラスボスは攻略ブログを見て光、熱、睡眠、混乱の耐性を全員につけてゴリラプレイ
ノイズの痕跡と交換した装備で誰でもバフ撒けるようになるので、オートヒールを全員に撒いて楽にする。メルヘン付与装備はどうせ5ターンで切れるのでラスボスでは採用しなかった。

特に苦戦もせず(先人のおかげ)666シナリオクリア。

前回の記事で友好度イベントの回収は炎の迷宮の巨人がいいと書いたけれど、666の場合は装備のインフレのおかげでアリス+物理キャラ誰かの2人で1ターンキルできるので、ラスダンでメルヘン装備2個取ってからがいい気がした。
通常シナリオだとレベルの低いキャラを守りながら戦わなきゃいけなかったのでラスダンは除外して考えていたのだけど、ここまで楽になってしまうとは思ってなかった。
それに666だとラスダンの一部のシンボルが復活する上に、倒したあと骨が残ってしばらく見てると再生するシンボルが第三層にいるので、そいつらを倒せばいい。

666シナリオ全体の話。
戦闘面ではディアナ戦を除いて特に問題なかったですね
ディアナ戦も射撃と雷の耐性装備があれば、あとはアリスがデバフもちなのもあってなんとかなるので、耐性装備を揃えるための、交換所用のドラゴニュート戦と吸血鬼戦が一番きつい感じ。
どっちかというと宝箱全部回収するのがきつかった。
いや別に全部回収しなきゃいけないわけじゃないんだけど。
もう3回もやってるのに、妖精の森の宝箱回収が迷いに迷ってものすごく時間がかかる。

さて次は通常シナリオ無克服エンド時のセーブデータを引っ張り出してのおまけダンジョン攻略になるだろうか
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]